便利なカルテ

デスクトップPCとカップ

電子カルテの活用はもはや医療機関にとって不可欠なものになってきています。もともと仕事が忙しい医師達がカルテを記入していた際には、手書きの文字が読めないといったトラブルも多く、記入ミスが医療ミスに危うくつながるところであったというヒヤリハット事例も多く見られてきました。 そういった記入におけるリスク低減に電子カルテが役立つのです。手書きする代わりに文字入力で誰もが読めるようになるだけではなく、プルダウンメニューやボタンによる選択を利用できることから入力にかかる時間も短くて済み、ミスも低減されるというメリットがあるからです。紙媒体とは異なってハードディスクの損傷よるデータの損失が懸念されていたこともありましたが、現在ではバックアップ技術も進んでいるためその心配も少なくなり、安心して医療現場で使い、サービスの向上につなげられるものになっているのです。

電子カルテの活用法として最近よく試みられているのが、医療機関同士での情報提供や共有という考え方です。患者の中には複数の医療機関を受診している人もいることから、それぞれの医療機関で行われている治療や出されている医薬品等の情報が共有できることが現場ではとても役立つからです。 同じ電子カルテのシステムを導入していないと完全にデータを移行する形での共有が難しいとはいえ、一般的に使われる表計算ソフトやテキスト文書の書式を介してデータを移行できるものもあります。そういったシステムを利用することによって患者情報を共有してよりよい医療を提供できるような心がけがなされるようになってきています。電子カルテは医療界全体の医療の質の向上に貢献しているのです。